2014年06月10日

念入りに準備して笑いを取るという手法が好きなんです  志村けん

素の自分はいたって地味で喋(しゃべ)りも得意ではないので、漫才やフリートークで盛り上げることはできないし、何よりそれが目指したい方向でもない。どんなに短いコントでも扮装やセットまでリアルに作り上げ、ネタを練り上げ、念入りに準備して笑いを取るという手法が好きなんですよ。得意分野なんだと思う。

ひと - [どらく]

志村けん・1950年2月20日生まれ、喜劇人



志村けんのだいじょうぶだぁ BOXI だっふんだ編 [DVD]








posted by ABC at 18:41| お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

練りこんだ笑いの作り方というのは、まさに今の僕の原点になっています。 志村けん

ドリフは、その場の瞬発的なハプニングやアドリブに頼らず、台本を作って、すべて計算し尽くしたコントを作っていました。その練りこんだ笑いの作り方というのは、まさに今の僕の原点になっています。

ひと - [どらく]

志村けん・1950年2月20日生まれ、喜劇人



志村けんのだいじょうぶだぁ BOXI だっふんだ編 [DVD]








posted by ABC at 20:34| お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑いの力ってすごいな  志村けん

親父(おやじ)が教員で堅物だったせいか、暗く陰気な家でね。ところが、テレビで「雲の上団五郎一座」の舞台中継を観(み)ていたとき、家族みんなが笑った。「うちもこんなに明るくなるんだ」と驚いたのと同時に、笑いの力ってすごいなあと。その頃からこの世界を意識していました。

ひと - [どらく]

志村けん・1950年2月20日生まれ、喜劇人



志村けんのだいじょうぶだぁ BOXI だっふんだ編 [DVD]








posted by ABC at 20:51| お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。